敏感肌のためのスキンケア法

敏感肌のためのスキンケア法
敏感肌のためのスキンケア法 > ポイント > 敏感肌はスキンケア同様に食生活が重要

敏感肌はスキンケア同様に食生活が重要


c58fd19f87dc0b98ad237b7a31755b00_s

敏感肌とは極度に乾燥した肌であることが多いので、保湿効果の高いスキンケア化粧品を使って、肌に刺激を与えないようにケアすることが大切。

しかしスキンケア方法だけでなく、ふだんの食生活や生活習慣の見直しも大切なポイントです。体によい食べ物を積極的に摂り入れながら、規則正しい生活習慣を送ることで内面からの敏感肌ケアを行うことがおすすめです。

●体を冷やす食べ物はNG
体を冷やす食べ物は血行が悪くなり代謝が下がります。代謝が下がると栄養を吸収する機能も低下してしまうので乾燥肌がさらに悪化する場合があります。トマト、レタス、きゅうりなどの冷たい野菜サラダは美容によい部分もありますが、大量に摂ると体を冷やしすぎてしまいますので敏感肌には注意が必要です。野菜を摂るなら、ブロッコリー、じゃがいも、にんじんなどの温野菜サラダがおすすめです。
●お酒、タバコ、コーヒー等は控えめに
お酒やタバコ、コーヒーなどの嗜好品は、体内に吸収すると血流が上がり、体へのダイレクトな刺激となります。刺激が強いので、敏感肌の人は稀に湿疹や赤みが出るなどの影響が出ることもあります。これらの嗜好品はストレス解消にほんの少量を嗜む程度にし、それも肌の様子をみながら慎重につきあうようにしましょう。
●ビタミンA、ビタミンCを積極的に摂る
皮膚の生成・再生を助けるビタミンAと、肌の老化を防ぎターンオーバーを整えるビタミンCは、敏感肌対策として積極的に摂り入れたい栄養素です。ビタミンAは肉類、レバー、緑黄色野菜に多く含まれ、ビタミンCはアセロラやレモン等のフルーツ、キャベツやピーマン、じゃがいもなどにも多く含まれています。